チョコレート嚢胞に漢方薬は効果ある?

チョコレート嚢胞が発見されてから、
病院に行く度に、毎回超音波検査で大きさをチェックしていました。
最初は少しずつサイズが大きくなっていきましたが、
だんだん大きくなるスピードが早くなり、
ついには1ヶ月に1cmくらいずつ成長するようになってしまいました!
その頃には、自分もエコー画像を見る目が養われてきていて(苦笑)、
先生から説明を受ける前に、エコー画像を見ただけで、
「前回よりも大きくなってる・・・」
などと、卵巣の大きさの変化がわかるようになってきました。
・・・はい、なんの自慢にもなりませんね。
続けましょう。
卵巣が9cmくらいになった頃、
主治医はここらへんで手術にふみきりたそうでした。
が、私は相変わらず手術を拒みました。
理由は、
「怖いから」
ただそれだけです。
腹腔鏡手術だから傷も小さくて済むし、
回復も早いから5日くらいの入院で済む。
いくらポジティブに考えようとしても、恐怖が勝ってしまい無理でした。

そこで私は、漢方薬に賭けてみることにしました。
手術から免れたい一心で、ネットで毎日のように情報を収集していたわけですが、
漢方薬で卵巣が小さくなったという情報があり、
「これだ!!!」
と思いました。
すぐに薬局に連絡を取り、漢方薬を始めることにしました。

それにしても、漢方薬って高いですよねぇ・・・。

私が買った漢方薬は、私の症状にあわせて、
何種類もの生薬をブレンドしてくれる「煎じ薬」が1万7千円ほど。
さらに、「野牡丹」という植物を使ったサプリメントが7千円ほど。
合計2万4千円くらい、ひと月にかかりました。

ひゃー!
これが毎月となると、けっこうな出費です。
これは何が何でも効いてもらわないと・・・。
いやいや、お金のことよりも手術を回避することのほうが重要です。
祈るように毎日飲みました。
煎じ薬は、最初は苦くて飲みにくかったですが、
だんだん慣れてくると甘みも感じるほどで、
まぁ飲みやすいものではないですが、飲めないほどではありませんでした。

次の診察予定日まで2ヶ月ほどあり、
煎じ薬と野牡丹のセットで、約2ヶ月間続けてみました。

さて、診察結果はと言いますと。

まさか、まさかの10cm超えでした Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン
うそでしょ・・・。
さすがにすぐ小さくなるとは思ってませんでしたが、
せめて前と同じ大きさをキープしてほしかった・・・。

薬剤師さんからも言われていましたが、
煎じ薬で卵巣が小さくなったと報告を受けているのが、
約6cmくらいまでのサイズなんですって。
私のように9cm以上になったものは、
なかなか小さくなりにくいのかもしれません。
私の場合は、残念ながら卵巣は小さくなりませんでしたが、
もう少し早い段階で漢方薬に踏み切っていれば、
もしかしたらまた結果は違ったのかもしれません。
あと、もう少し長く飲み続けたら、 効果が出たのかもしれません。
それはわかりませんが、私は2ヶ月でやめてしまいました。