このブログの管理人

このブログの管理人 きくらげ です。
41歳の専業主婦、子どもはおりません。
2011年にチョコレート嚢胞で腹腔鏡手術を受けています。
怖いので手術は受けたくありませんでしたが、
様子見していた卵巣のサイズが10cmになってしまったので、
清水の舞台から飛び降りる覚悟で受けました。
それなのに、それなのに、
その1年半後にちゃっかり再発するだなんて・・・。
今のところ、再手術にはなっていませんが、経過観察中の身です。
卵巣がチクチクと痛むと、卵巣が育っているのではないかとビクビクします。
下腹がぽっこりすると、卵巣が大きくなったのではと動揺します。
おしっこが近いと、膀胱を卵巣が圧迫しているのではと不安になります。
常に、チョコレート嚢胞を意識しています。

このブログは、そんな、チョコレート嚢胞に怯える主婦のブログです。
チョコレート嚢胞にいいとされるものを試してみたり、
聞いた情報を書いてみたりします。
チョコレート嚢胞は、破裂やガン化の不安もあったり、
最終的には手術しかないなど、考えれば考えるほど怖くなってしまいますが、
少しずつでもチョコレート嚢胞が小さくなり、
ガン化や手術に怯えなくても良くなるように、いろいろ試してみたいと思います。
今のところチョコレート嚢胞が完治する薬はありませんが、
いつの日か、できるだけ早く、良い薬ができてくれるといいですね。