卵巣の腫れが見つかりました

市から届いた無料クーポンを使って、子宮頸がん検診を受けることにしました。
産婦人科にかかるのは約4年ぶりです。
ずっと出血量が多いことや生理痛が気になっていましたが、放置していました。

最後に産婦人科にかかったときから、更に気になる症状は増えていて、
生理以外の日でも生理痛のように下腹が重かったり痛かったり、
右側の下腹のあたりがチクチクと痛むことがありました。
もしかしたらなにか病気が見つかるかも・・・
と、内心ドキドキしながら子宮頸がん検診を受けました。

子宮頸がんの検査結果は次回わかるということでしたが、
それ以外に、やっぱりというべきか、
超音波検査で卵巣の腫れが見つかってしまいました。

「多分良性の腫瘍で、中には透明な水のようなものが入っているタイプだと思う」
と言われました。

病名は、卵巣嚢腫と言われ、
気になるようなら後日診察にくるようにとのことでした。
卵巣が腫れているだなんて、今まで産婦人科にかかって1度も言われたこと無かったし、
多分良性の腫瘍ということは、最悪悪性の場合もあるわけで、
すごく怖くなりました。

正常な卵巣は、親指の先くらいの小さな臓器らしいのですが、
私の場合、右側の卵巣が5㎝くらいに大きくなっているとのことでした。
何がなんだかわからないまま診察室を後にし、
次回の予約を入れて帰ってきました。
次の診察日まで、気が気ではありませんでした。