カテゴリー別アーカイブ: 診察

卵巣の腫れ経過観察となる

数日前に受けた子宮頸がん検診の結果と、
卵巣の腫れを診てもらう日がやってきました。
卵巣の腫れだなんて一体なにごとだ・・・。
私は一体どうなってしまうのか・・・。
不安な日々を過ごしていました。

診察室に呼ばれ、ます子宮頸がん検診の結果を聞きます。
結果は異常なし。
ホッとしました。
続いて卵巣を診てもらいました。
あぁ、どうか何事もありませんように。
この間の腫れはたまたまで、小さくなってたりとか・・・
という私の願いもむなしく、やっぱり腫れていました(泣)
大きさは、数日前と変わらず5㎝くらいとのことでした。

「先生、悪いものだったらと思うと、
 不安で不安でたまらないんですけど・・・」

すがるような目で先生に訴えると、
先生はハハハと軽く笑いながら、
「エコー画像を見る限り悪いものではないし、
 おそらく中はサラサラの液体で、
 自然と吸収されて小さくなることもあるから、今は何もしなくていいですよ」
とおっしゃいました。

「え?何もしなくていいということは、私、大丈夫ってことなのね!」

ぱぁ~っと気分が晴れていきました(今から思うと、本当に能天気です・・・)
ただ、卵巣が大きいとなにかの拍子に卵巣がねじれてしまい、
ものすごい激痛が起こることがあるのは理解しててね、と言われました。
そうなった場合、卵巣に血液がいかなくなるので、
卵巣が壊死し、緊急手術になる可能性があるのだとか。
ちょっとゾッとしました。
でもほんと、ちょっとゾッとしただけで、
とりあえず悪いものではなさそうということと、
経過観察でいいということで、すっかり安心してしまいました。
安心した私は、いつもの悪いクセ?で、
またしばらく放置してしまうのです。

 

 

 
 

 

卵巣の腫れが見つかりました

市から届いた無料クーポンを使って、子宮頸がん検診を受けることにしました。
産婦人科にかかるのは約4年ぶりです。
ずっと出血量が多いことや生理痛が気になっていましたが、放置していました。

最後に産婦人科にかかったときから、更に気になる症状は増えていて、
生理以外の日でも生理痛のように下腹が重かったり痛かったり、
右側の下腹のあたりがチクチクと痛むことがありました。
もしかしたらなにか病気が見つかるかも・・・
と、内心ドキドキしながら子宮頸がん検診を受けました。

子宮頸がんの検査結果は次回わかるということでしたが、
それ以外に、やっぱりというべきか、
超音波検査で卵巣の腫れが見つかってしまいました。

「多分良性の腫瘍で、中には透明な水のようなものが入っているタイプだと思う」
と言われました。

病名は、卵巣嚢腫と言われ、
気になるようなら後日診察にくるようにとのことでした。
卵巣が腫れているだなんて、今まで産婦人科にかかって1度も言われたこと無かったし、
多分良性の腫瘍ということは、最悪悪性の場合もあるわけで、
すごく怖くなりました。

正常な卵巣は、親指の先くらいの小さな臓器らしいのですが、
私の場合、右側の卵巣が5㎝くらいに大きくなっているとのことでした。
何がなんだかわからないまま診察室を後にし、
次回の予約を入れて帰ってきました。
次の診察日まで、気が気ではありませんでした。